イタリアの味:アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

イタリアで人気の料理には、特徴的な料理へ向き合い方があります。それは手の込んだレシピよりも、質のよい食材を2つ、3つ使うほうが、料理がぐっとおいしくなるという考え方。食材を一つひとつよく検討し、食材そのものの味だけでなく、他の食材と合わせたときにどうなるかを考えて選びます。シンプルな料理でも、そこで大きな違いが生まれるのです。それから調理方法。私たちは世代を超えて受け継がれてきた料理の伝統に従いながら、心を込めて、手をかけて料理しています。

この考え方をお伝えするのに、最小限の食材でできるこのレシピほど適したものはないでしょう。ほんの一握りの材料――ニンニク、鷹の爪、レモン、色づけと香りづけのパセリ――があれば、パスタが食卓の主役になります。ロマンティックなディナーにぴったりです。

00:59 / 01:00

材料(2人分)

スパゲッティ200g
オリーブオイル30ml
大きめのニンニク3かけ
鷹の爪(細かくした状態のもの) 大さじ1
パセリ少々
レモン1個

パルメザンチーズ

  1.  

つくり方

鍋を沸騰させて、たっぷりの塩を入れます。

沸騰したら、スパゲッティを入れて8~10分、アルデンテになるまで茹でます。

茹でている間に具材を準備します。ニンニクをスライスし、レモンの皮をすりおろして、パセリをみじん切りにします。

大きなフライパンにオリーブオイルを中火で熱し、ニンニクをきつね色になるまでさっと炒めます。

鷹の爪を加えます。スパゲッティを茹で上げてフライパンに入れ、フライパンを振って、オリーブオイルとニンニクと鷹の爪を絡ませます。

数分後、火を止めてすりおろしたレモンの皮とパセリをかけます。

すべての材料を混ぜ合わせてなじませます。すりおろしたパルメザンチーズをたっぷりかけて完成です。